阪吹ブログ、再始動!『ドラゴンの年』は16分音符で真っ黒です。

こんにちは!

大阪大学吹奏楽団でユーフォニアムを担当しています、てんぐです。Web担当という係でこのサイトの管理もしています。先日のリニューアルの際は、たくさんの人に見ていただけて嬉しく思っています。ありがとうございました!

先日お知らせしたとおり、阪吹ブログ「銀杏橋」は本サイトのブログページに移行しました。これからはより阪吹の活動を知ってもらうべく、毎週日曜日に更新したいと思っておりますのでぜひご覧下さい。サマコンに向けて奮闘する団員の様子が伝わるといいなと思います!

再始動後1発目の投稿は、私、てんぐがお届けします!

さて、最近の阪吹ですが、サマーコンサートに向けて練習が本格化してきました。昨日は『ドラゴンの年』の初めての全体合奏を行いました。感染対策のため、こまめに換気を行いながらの練習ですが、適度な休憩になるのでむしろ集中力が続いて一石二鳥だなと感じています。

『ドラゴンの年』は僕が提案して選ばれた曲ということもあり、ちゃんと練習しないとなという責任をひしひしと感じております。もともとが金管バンド曲ということもあり、ユーフォニアムパートは連符で楽譜が黒くなっていて、練習が大変です。地道にコツコツ頑張ります…。 。昨日の合奏では、ノリノリで吹いていたのに高い音を外しまくってしまい反省したので、これからはもっと丁寧に練習していきます…!

『ドラゴンの年 2017年版』3楽章(ユーフォニアム)より

阪吹が6月のサマコンで演奏する『ドラゴンの年』ですが、YouTube上に素晴らしい演奏が上がっていますので、ぜひ聴いてみて下さい。2楽章中盤にあるコラールの部分はなんど聴いても感動してしまいます…。上の写真の部分、テクニカルな3楽章にも注目です。(…ちなみに、ドラゴンの年の吹奏楽編曲は初版と2017年版があり、今回演奏するのは2017年版です)

『ドラゴンの年』川口市・アンサンブルリベルテ吹奏楽団の演奏

金管バンドバージョンの演奏も是非聴いてほしいです。金管バンドならではの大迫力でオルガンのような響きに圧倒されます!鳥肌間違いなしです。

サマーコンサートでも素晴らしい演奏になるように、団員一同、一生懸命練習していますので、ぜひお気軽にお越し下さい!今年のサマーコンサートは予約制になっておりますが、4月中旬ごろに予約開始予定です!

来週は、別の団員が投稿しますのでまた見に来て下さいね。それでは!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です