うちの副団長、実はトラックの運転ができるんです。【阪吹ブログ】

こんにちは!

阪吹サックスパートのべりです。副団長であり、楽器運搬を行うキャリー係の長でもあります。
一部の団員曰く副団長以上にキャリー係のイメージが強いそうです笑

今回は、副団長やキャリーのお仕事やなんやかんや好きに書いていこうと思います!

 

副団長のお仕事

阪吹で運営系幹部と呼ばれている団長と副団長は団の運営に関わるいろんなお仕事を裏方で頑張っています。

今私が主にやっているのはコロナ対策として、練習に参加した人や、その体温、体調等をひたすら記録する作業です。パソコン音痴なのでwordやExcelと日々格闘しています。この状況下で安全に活動できるよう私たち運幹もこのように工夫をしています。

また、阪吹にいただく演奏依頼の対応も主に私が担当させていただいております。現在はコロナの関係でご希望に添えない可能性もありますが、演奏依頼のお問い合わせはお気軽にどうぞ!

 

キャリー係!

続きまして私が大好きな(?)キャリー係の紹介です。キャリーのお仕事はその名の通りひたすら楽器を運ぶことです。大学で練習できず外部施設で練習する日や本番の楽器運搬を担当しています。車もハイエースや2トン(時には3トン!)トラックを自分たちで運転しています!

楽器は重いし朝早いし帰りは遅いし運転は責任重大だし…ということでキャリーはブラック係と言われております笑。でも人数が多くわいわい楽しく活動し、コロナ以前には係で飲み会にいったり旅行にいったりしていた楽しい係で私は大好きです!

だからなのかは分かりませんが気がついたらキャリー長になって準中型免許までとってトラックも運転できるようになってしまいました。今時の若者には珍しくマニュアル車も運転できます。

キャリー以外にも阪吹にはたくさんの係があってそれぞれの団員が活躍しています!ちなみにキャリー以外のブラック係は楽譜係と言われています…肉体労働のキャリーと違って楽譜係は細々とした作業が大量で大変そうです…

 

サマコンへの意気込み

最後にサマコンに向けての私の意気込みです!

今はとにかくサマコンが無事開催できることを祈っています!去年の定演は直前で中止になったので今度こそはなんとしても無事開催したいです。
今回のサマコン最難曲といってもよいであろうスパーク作曲の「ドラゴンの年」と「宇宙の音楽」ですが、私は両方ともソプラノサックスを担当しています。宇宙の音楽はソプラノサックスにソロが…!

他にもホルンやクラリネットなどなどいろんな楽器にソロがあります。正直ソプラノのソロはいやーな音域なので不安もありますが、本番を楽しみに頑張ります!

6/13あましんアルカイックホールに是非お越しください!(当日のキャリーも頑張ります!)

 

サマーコンサート来場の予約受付は4月中旬に開始いたします。お気軽にお越し下さい!サマコンの詳細はこちら!

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です